久元神戸市長が「千代が丘つながりの場所~エナガの家」の視察に来られました

本日、「千代が丘つながりの場所~エナガの家」に神戸市長が視察に来られました。神戸市内にも空き家がたくさんあります。空き家の有効活用の事例として見学されました。現状の報告や今後の活動の予定、また課題など報告いたしました。

千代が丘つながりの場所の前で
左から山本(当法人副代表理事)、久元神戸市長、中村(当法人代表理事)

こちらは、もともと神戸市の空き家活用の窓口からのご紹介でお借りしました。ここで当法人の専門職が、講演会や相談対応を通じて地域の住民の方とのつながりを作りを作り、地域包括ケアシステムの構築に向けて活用しています。まだまだ認知度が低く、活用が不十分ですが、行政のバックアップもいただき、さらに活動を広げていければと考えております。

地域のために空き家を活用したいというお考えをお持ちの方がいらっしゃいましたら、ご相談ください。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)